『やわらか湯たんぽ』シリーズと『肩用タイプ』

0
    こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

    『ほっこり本舗』で販売している商品の紹介コーナーです。
    第2回目の今日は、ウェットスーツ素材で作られ、体にやさしくフィットする『やわらか湯たんぽ』シリーズと、その中の『やわらか湯たんぽ<肩用タイプ>』をご紹介します。


    やわらか湯たんぽタイトル

    『やわらか湯たんぽ』シリーズは、特殊なウェットスーツ素材で作られていますので、すべすべと肌ざわりが抜群で気持ち良く、また保温性にとても優れた、一品一品手作りの湯たんぽです。

    やわらか湯たんぽイメージ写真

    ウェットスーツ素材はその特徴から断熱効果が高いため、中に熱いお湯を入れても、外側は程よく気持ちの良い自然の温かさになり、カバー無しでそのまま使うことができます。
    あわせて優れた保温性で、一度お湯を入れると温かさが長持ちし、じっくりと温まることができます。
    (ただし、お肌の弱い方は素肌に長時間のご使用はお避けください)

    やわらか湯たんぽアップ写真

    また、『やわらか湯たんぽ』をオススメする中で特徴的なのが、「湯たんぽが体に合わせて形を変える」ことです。
    しなやかなやわらかさで、使う方の体に合わせてやさしくフィットしますので、お湯の自然な温かさで効率よく温めることができます。

    やわらか湯たんぽイメージ写真2

    『やわらか湯たんぽ』シリーズは、スタンダードなものから体の各部分を温めるのに特化したものまで様々なタイプがあり、日常のいろいろなシーンでご使用いただけます。
    おうちでのリラックスタイムはもちろん、オフィスでのデスクワークの時など、就寝時ではなく起きている時に積極的に体を温めるアイテムとしてご活用いただければと思います。


    今回はそんな『やわらか湯たんぽ』シリーズの中から、『肩用タイプ』をご紹介します。

    やわらか湯たんぽ肩用タイプ

    大きさは直径約28cm、お湯の容量は0.8リットルで、やわらかなUの字をしています。
    カラーは[レッド][ブルー][ピンク][グリーン]の4色からお選びいただけます。また、お湯を注ぐのに便利なネジ付きロートが付属しています。

    使い方は、70〜80度くらいのお湯をお好みの重さになるように入れてキャップを締め、首を包み込むように肩の上に装着すると、首から肩にかけてやさしくフィットしてじっくりと温めることができます。

    やわらか湯たんぽ肩用タイプイメージ写真

    私はいつも半分より少し多めくらいのお湯を入れて使っていますが、ふんわり軽く温めたい方はお湯を少なめに、重みもあわせてしっかりと温めたい方はお湯を多めに調節することで、お好みの温め方をしていただけます。

    通常は30分〜1時間ほど温めると、肩や首の血行が良くなり、体がポカポカと温かくなります。
    ただし、素肌で長時間あてると低温やけどになる場合がありますので、お肌の弱い方や初めてお使いになる場合には、5〜10分くらいごとに様子を見てご自分にあった時間と温め方をご確認ください。


    『肩用タイプ』は私もお気に入りで、PCの前に座りっぱなしだった日、長時間運転して疲れた日、「今日は首から冷えたかな?」と思った時などに、日ごろから『顔・目用タイプ』とあわせてよく使っています。

    また、『肩用タイプ』より、少し小ぶりの『肩用タイプ 小』もありますので、あまり重いのは苦手という方にはこちらもオススメです。

    このやわらかさ、すべすべの肌ざわり、フィット感はかなりオススメです。
    ぜひリラックスタイムに加えていただきたいエコアイテムです。



    ●ショップページのご案内
    やわらか湯たんぽ<肩用タイプ>』はこちらから
    やわらか湯たんぽ<肩用タイプ 小>
    やわらか湯たんぽ<顔・目用タイプ>』もございます

    カテゴリー『やわから湯たんぽ』はこちらから
     このエントリーをはてなブックマークに追加

    今宮神社へ行ってきました

    0
      こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

      みなさん、シルバーウィークはどうお過ごしになられたでしょうか。
      先日、良いお天気だったので、近所の『今宮神社』へ散歩に行ってきました。

      今宮神社へと続く、「今宮門前通」を北へ歩いていくと、突き当たりに『今宮神社』が見えてきます。

      今宮神社門前

      境内に入ると、暖かな良いお天気なこともあり、たくさんの方が来られていました。
      参拝をし、観光に来られていた団体のガイドさんの説明をさりげなく聞いたりしながら、いくつかの社を回っていると軽く汗ばむくらいでした。

      今宮神社境内1

      今宮神社本殿

      今宮神社境内2

      今宮神社には「阿呆賢さん(あほかしさん)」という不思議な石があり、私も久しぶりに触らせていただきました。

      阿呆賢さん1

      阿呆賢さん2

      この石は、病弱な人が祈りながら石を撫で、体の悪いところをさすれば回復が早まるというご利益があるそうです。
      また、この石を手のひらで三度叩いて持ち上げると重くなり、次に心で願い事をしながら三度手のひらでなでて持ち上げます。この時に最初に持ち上げた時よりも軽くなっていれば願い事が叶うと言われています。

      お近くに来られることがあれば、ぜひ一度体験されてみてはいかがでしょうか。


      また、今宮神社門前の名物に「あぶり餅」があります。
      参道に2軒のあぶり餅のお店が向かい合っていて、今宮神社に向かって右が「一和」さん、左が「かざりや」さんです。

      2軒のあぶり餅屋さん

      しばらく食べていなかったのですが、香ばしいとても良い香りにふらふらと、久しぶりに頂くことにしました。

      今回は「一和」さんでいただくことにして、注文後待っている間にお店の方に少しお話を聞きながら、あぶっているところも撮らせていただきました。

      あぶり餅はできたてのお餅を親指くらいの大きさにちぎり、きな粉をまぶしてから竹の串に刺します。
      それを炭火であぶり、少し焦げ目が付いたら白みそのたれをかけて出来上がりとのことでした。

      あぶり餅をあぶっているところ

      いろいろ見て歩いた後に、香ばしいできたてのあぶり餅とお茶をお店でいただいて、とても“ほっこり”と良い時間を過ごせました。

      あぶり餅

      2軒のお店は、それぞれあぶり方やたれの配合で味わいが異なります。
      今宮神社に寄られた際には、素朴ですがとても美味しいあぶり餅をぜひご賞味ください。

      お灸教室について更新のお知らせ(直本針灸治療所)

      0
        こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

        『ほっこり本舗』を運営しております旭物療器研究所に併設して、鍼灸治療を行っております『直本針灸治療所』のホームページにて、次回のお灸教室につきまして更新いたしましたのでお知らせいたします。


        直本針灸治療所では、定期的に当治療所にて『ほっこりお灸教室』を開催しています。
        間接灸を使って「おうちでお灸」を実践していただけるように、集まった皆さんで楽しくお灸の基礎をマスターしていただけます。

        参加無料、女性限定となっております。よろしければぜひご参加ください。


        ●詳しくは直本針灸治療所のホームページをご覧ください
        お灸教室について』はこちらから
        直本針灸治療所』のホームページはこちらから

        ほっこりお灸教室 お灸セットとテキスト・試供品セット

        長生灸<ライトタイプ> 200壮入り

        0
          こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

          『ほっこり本舗』で販売している商品の紹介コーナーです。
          記念すべきこのコーナー第1回目の今日は『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』をご紹介します。

          長生灸(ちょうせいきゅう)は、一般的に「間接灸」というタイプのお灸で、その中でも「台座灸」と呼ばれるお灸です。

          「間接灸」は、火のついたモグサが直接肌に触れることがありませんので、水疱ができたりヤケドするのをできるだけ抑えたお灸になっています。

          「台座灸」はその名のとおり、裏が粘着面になっている台座に、紙でくるんだモグサがセットされているお灸です。

          「間接灸」を使うと、少しの時間でおうちでカンタンにお灸をすることができます。

          長生灸シリーズ


          長生灸は、「伊吹もぐさ製造本舗 株式会社山正」の製品で、[ライトタイプ][レギュラータイプ][ハードタイプ][微煙・無臭タイプ]の4種類があり、今日ご紹介する[ライトタイプ]は、その中でも設定温度が一番低いタイプです。
          そのため、「これからお灸をはじめてみよう」という方はもちろん、お肌が敏感な方にもおすすめのお灸です。

          私も、鍼灸治療をしている母親の指導により、ほぼ毎日お灸をするようになって約2年半、実はこの[ライトタイプ]を使う機会も多いです。(自分流のこだわりで、場所などによって使うお灸を変えてたりして試しています(笑))
          個人的には、まずは[ライトタイプ]で続けてみて、「少しもの足りないかな?」と感じる場所があると[レギュラータイプ][ハードタイプ]などを試してみることをおすすめします。


          『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』は、1枚に50壮(お灸は壮(そう)と数えます)並んでいる台紙が4枚入っています。[ライトタイプ]の台紙の色はグリーンです。

          その他には、お灸の熱さを3段階に調節できる「調熱絆」が1枚と、表面が「各種お灸のご使用についてのお願い」、裏面が「長生灸シリーズ ご使用方法」となっている説明書が1枚付属しています。

          *ご使用前には「ご使用上の注意」「禁忌事項」「使用法」を必ずお読みください。

          長生灸<ライトタイプ>200壮入り セット内容

          お灸をするにはまず、火をつける「ライター」、終わったお灸を入れる「灰皿」を用意して、お灸の特性上、モグサに火をつけると煙が出ますので、窓を少し開けたり、換気扇を回します。

          長生灸は、台紙からお灸を取り外す時には、台紙裏側の黄色い紙の上から軽く押してやります。軽く押してやると、お灸がポコッと台紙から少し浮き上がります。

          台座からの取り方

          その浮き上がったお灸を持って、肌(ツボやコリのある場所など)に台座の粘着面を貼りつけます。

          *台紙の裏側から押し上げず、モグサの部分を引っ張ると、モグサの部分だけが取れてしまうことがあります。(私も最初何度もやりました。。)

          長生灸 台座から取り外し失敗

          その後、貼りつけたお灸のモグサの部分にライターで火をつけます。

          お灸を貼りつけてから火をつけづらい場所の場合には、一旦お灸を指先に取って火をつけて、それから肌に貼りつけてもかまいません。ただし、火のついたお灸を持って動かしますので、ヤケドや焦がさないように注意しましょう。

          長生灸 お灸を指先に取る

          その後しばらくすると、徐々に温度が上がってきます。
          しばらく温度を維持して、モグサが燃え尽きると徐々に温度が下がり、台座が冷えればお灸は終わりですので灰皿などに捨てます。

          ただし、場所や体調、日によって熱さの感じ方はかなり異なります。
          我慢できないような嫌な熱さを感じた時には、我慢せずすぐに取り外しましょう。水疱やヤケドになる場合があります。

          また、お灸をしてはいけない場所へのお灸や、肌に水分が多い時(汗をかいている時、お風呂上がりなど)のお灸は避けましょう。

          長生灸 労宮(ろうきゅう)へお灸
          (手のひらにある「労宮(ろうきゅう)」というツボへお灸をしている様子)

          以前は、私自身「お灸は熱いけど我慢するもの!」というイメージを持っていましたが、今では「心地よい熱さ」でも充分で、またリラックスもできると思っています。
          一度に熱いものをたくさんするよりも、1日数ヶ所を定期的に続けることがコツだと思います。

          この機会に[おうちでお灸]をするリラックスタイムを作ってみませんか?
          おすすめいたします。

          ●ショップページのご案内
          長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』はこちらから
          長生灸<ライトタイプ> 1,000壮入り』もございます

          カテゴリー『お灸』はこちらから

          【ほっこり本舗】を正式にオープン致しました

          0
            【ほっこり本舗】店長の直本浩司です。

            本日、【ほっこり本舗】を正式にオープン致しました。

            当ショップは、スタッフが実際に使用してみて、お客様にお薦めしたい“ほっこり”するアイテムをご紹介するネットショップです。

            当ショップを運営しております「旭物療器研究所」は鍼灸用品の専門店です。また、鍼灸治療院も併設しており、その中でかねてより“冷え”に対して注目しておりました。

            そこで、“ほっこり”しながら“冷え”に対策するアイテムをご紹介できればと、ネットショップを立ち上げようと考えました。

            今後は、お客様にお買い物を楽しく、快適に、またぜひ使っていただきたい商品をよりわかりやすくご紹介できるよう、スタッフ一同頑張って参ります。

            【ほっこり本舗】を今後とも、何卒よろしくお願い申し上げます。
             このエントリーをはてなブックマークに追加


            calendar

            S M T W T F S
                  1
            2345678
            9101112131415
            16171819202122
            23242526272829
            3031     
            << December 2018 >>

            ショップを見る

            ショップを見るボタン

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            links

            profile

            書いた記事数:285 最後に更新した日:2018/09/21

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM