長安NEO DX 120回分

0
    こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。


    『ほっこり本舗』で販売している商品をご紹介するコーナーです。

    第5回目の今日は、マイルドな温熱とコストパフォーマンスに優れた『長安NEO DX 120回分』をご紹介します。


    長安NEO DX(チャンアンネオ・デラックス)は、「伊吹もぐさ製造本舗 株式会社山正」の製品で、一般的に「間接灸」というタイプのお灸、またその中でも「つぼ灸NEO NEXT」シリーズと同じ「円筒灸」と呼ばれるお灸です。


    長安NEO DX イメージ写真

    円筒型の紙筒の中にもぐさが詰めてあり、お灸をする時には付属の押し出し棒でもぐさを下から押し出してお灸します。これにより、火のついたもぐさが直接お肌に触れることはありませんので、水疱ができたりヤケドするのをできるだけ抑えたお灸になっています。


    台座灸の「長生灸」シリーズよりも、さらにお肌ともぐさとの距離がありますので、温熱は柔らかくほんわりと心地よい温熱が特徴のお灸です。


    また、紙筒のもぐさの反対側には、強力なのりがあらかじめついていますので、お灸が並んだ台座からパッと取ってもぐさを押し出し、お肌に貼りつけ火をつけるだけ。とっても簡単にお灸をすることができます。


    品質には細心の注意を払い中国で生産しており、コストパフォーマンスはとても優れた製品です。



    『長安NEO DX 120回分』は、60壮のお灸が並んだ台座が2枚入っています。

    また、その台座にはもぐさを押し出すための押し出し棒が付属しています。お灸をする時にこの押し出し棒で紙筒のもぐさを押し出します。


    その他には、表面が「各種お灸のご使用についてのお願い」、裏面が「長安NEO DX ご使用上の注意」となっている説明書が1枚付属しています。


    *ご使用前には「ご使用上の注意」「禁忌事項」「使用法」を必ずお読みください。


    長安NEO DX 商品内容



    お灸をする時には、ライターと灰皿を用意して、モグサに火をつけると煙が出ますので窓を少し開けるか換気扇を回して換気の準備をします。


    台座からお灸を取ったら、台座に付属している白い押し出し棒に、のりの付いた方からお灸を差し込んで、中のもぐさをグッと押し出します。


    長安NEO DX 押し出し棒で押し出す様子1

    長安NEO DX 押し出し棒で押し出す様子2


    この時に押し出し方が不完全でもぐさの押し出し方が少ないと、途中で火が消えてしまうことがあるので、お灸を押し出し棒の最後までグッと差し込んでもぐさを押し出すのがコツです。


    長安NEO DX 押し出し棒で押し出す様子3

    もぐさを押し出したら、お肌(ツボやコリのある場所など)にしっかりと貼りつけます。

    その後、もぐさにライターで火をつけます。


    長安NEO DX 火をつけるところ


    お灸を貼りつけてから火をつけづらい場所の場合には、もぐさを押し出した後いったん指にとって火をつけ、それからお肌に貼りつけてもかまいません。ただし、その時には火のついたお灸を持ちますので、ヤケドや焦がさないように注意しましょう。


    長安NEO DX 指先に取ったところ


    しばらくすると徐々に温度が上がります。

    その後しばらく温度を維持しますが、この時に煙が出なくなっても、中ではまだもぐさが燃えています。紙筒も熱くなっていますので注意しましょう。


    その後、もぐさが燃え尽きて、紙筒がしっかり冷えればお灸は完了です。灰を落とさないように灰皿に捨てます。

    灰皿で十分に消火したことを確認してから処分してください。


    余談ですが、長安NEO DXのもぐさは燃えた後の灰が、フワフワとしていてとても軽くなります。
    個人的な方法ですが、お灸をお肌から取って灰皿まで持っていくまでに灰が落ちてしまうことも何度かあったので、今は灰皿をお灸の近くまで持って行ってからはずすようにしています。


    また、同じ場所に同じようにお灸しても、体調や日によって温熱の感じ方はすごく変わります。

    お灸が我慢できないような嫌な熱さになった場合には、我慢をせずにすぐに取り外しましょう。


    お灸が終わった後に、お灸をした部分の肌が黄色くなるのはもぐさのヤニによるものです。

    濡らしたティッシュなどで拭けばある程度取れますが、場所や状況によって数日残ります。ヤニが気になる方は、まず目立たない場所にお灸をして確認してからお使いください。


    また、お灸をしてはいけない場所へのお灸や、肌に水分が多い時(汗をかいている時、お風呂上がりなど)のお灸は避けましょう。


    長安NEO DX お灸をしているところ
    (手の甲にある「合谷(ごうこく)」というツボへお灸をしている様子)

    長安NEO DXは、間接灸の中でも温熱が一番マイルドなものの一つです。

    しっかりとした温熱を好まれる方には少しもの足りないかもしれませんが、マイルドでじんわりと心地よい温熱のお灸もおすすめです。



    ●ショップページのご案内

    『長安NEO DX 120回分』はこちらから

    『長安NEO DX 600回分』もございます


    カテゴリー『お灸』はこちらから

     このエントリーをはてなブックマークに追加

    湯たんぽ美人(2個組)

    0
      こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。


      『ほっこり本舗』で販売している商品をご紹介するコーナーです。

      第4回目は、老舗湯たんぽメーカーマルカの『湯たんぽ美人(2個組)』をご紹介します。


      湯たんぽは冬のおふとんの中で使うものとして作られたものが多かったのですが、『湯たんぽ美人』は、起きている時にも積極的に体を温めるのために使っていただきたい湯たんぽです。


      湯たんぽ美人 湯たんぽ

      体の冷えは健康にとって良くありません。そこで、より良く体を温めるのに効果がある部位に沿うように開発されたのがこの『湯たんぽ美人』です。


      「太ももの前面」「お腹」「腰やお尻」「二の腕(力こぶの反対側)」

      これら4つの部位を温めると特に良いと言われています。

      『湯たんぽ美人』はこれらの部位を効率よく温めます。


      湯たんぽ美人 温める場所
      湯たんぽ美人 温める場所2

      湯たんぽ本体は凹凸をなくして、また注湯後にキャップをはめると注湯口も隠れてしまいますので、より体にフィットするようなデザインになっています。


      『湯たんぽ美人』は容量が1リットルの湯たんぽが2個セットになっており、また専用の湯たんぽ袋が付属しています。

      1つでも手軽でかつ十分な温かさで温めることができ、2つ使うことでさらにパワフルな温かさで広い範囲を温めることが可能なので、幅広くいろいろなシチュエーションでお使いいただけます。


      おうちでのリラックスタイムをはじめ、オフィスでのデスクワークの時の冷え対策、もちろんおふとんの中でも。冬場の冷え、夏場の冷房対策から肌寒くなってきた秋の夜長まで、一年中お使いいただける湯たんぽです。


      湯たんぽ美人 セット内容


      ●いろいろな使い方ができる専用の湯たんぽ袋

      『湯たんぽ美人』には、柔らかくて肌ざわりの良い、専用の湯たんぽ袋が付属していますが、この湯たんぽ袋がとても便利です。


      ファスナーにより脱着式になっているので、ファスナーをはずして湯たんぽを1個で使ったり、ファスナーをつなぐと2個で使うこともできたりと、幅広くお使いいただけます。

      また、湯たんぽ袋をつなげるファスナーとは別に、幅調節用のファスナーを使うことによって、2段階に湯たんぽ袋の幅を調節することも可能です。


      湯たんぽ美人 湯たんぽ袋

      ●キャップがじょうごになり、専用スタンドもついていて注湯に便利

      ピンクのキャップは裏返して注湯口にのせればじょうごになります。また、転倒防止のためのスタンド(組み立て式)もついているので安全に注湯することができます。

      それでは湯たんぽの注湯の方法をご紹介しましょう。


      <注湯の方法>

      1.専用スタンドに湯たんぽをのせます。

      2.キャップを止めているピンクのネジを回してはずし、続けてキャップもはずします。さらに白い中ぶたもはずします。


      湯たんぽ美人 湯たんぽの各パーツ

      3.2ではずしたキャップを裏返して注湯口にのせます。この時キャップについている溝が注湯口にピッタリ合って安定します。これでキャップがじょうごになりました。


      湯たんぽ美人 じょうごとスタンドをセット

      4.やかんなどで沸かしたお湯を静かに注ぎます。キャップがじょうごになっているのでお湯がこぼれず簡単に注ぐことができますが、注湯口が少し小さめなので一度にたくさんお湯を注ぐと中の空気が出る時に吹く場合がありますので静かに注ぎましょう。

      湯たんぽ本体は半透明になっているので、注いだお湯が透けて見えてどこまでお湯が入っているのか確認することができて便利です。


      湯たんぽ美人 注湯の様子

      5.お湯を注いだら、中ぶたをしっかりと締めます。(重要:お湯が漏れないようにしっかりと締めましょう)

      6.じょうごにしていたキャップを裏返して、湯たんぽにキッチリとはめます。その後ピンクのネジでキャップを湯たんぽに固定します。

      7.最後に湯たんぽ袋に湯たんぽを入れ、ファスナーを閉めれば完了です。


      湯たんぽ美人 湯たんぽ袋にセット

      *湯たんぽを2つ使う場合には、もう1つも同じように注湯します。



      <注湯の時に>

      注湯のお湯の量は、湯たんぽの中に空気があまり残らないように注ぐ方が、お湯が冷めた時に湯たんぽの変形は少ないです。(メーカーの担当者さん談)


      また、注湯の際には、お湯を入れた湯たんぽはかなり熱くなっていますので、ミトンや軍手などを用意しておくと安心です。注湯後に湯たんぽ本体を持つ場合には、それらをはめてヤケドに注意して持ってください。


      余談ですが、私はいろいろ試してみた結果、現在は滑り止め付きの軍手を使っています。軍手は適当な厚さがあるので熱くないですし、滑り止めのおかげで滑らず作業ができて、また値段も安いのでオススメです。見た目より機能重視です。。。


      湯たんぽ美人 滑り止め付き軍手


      私の『湯たんぽ美人』の使い方は、今日は体が冷えたなぁと思った時に、2個の湯たんぽを使って温めています。


      2個の湯たんぽで2リットルのお湯が必要になりますが、2リットル沸かせるやかんは無いので、1リットル沸かすことのできる電気ケトルを使ってお湯を沸かして、1つずつ湯たんぽにお湯を入れています。(湯たんぽ美人は100度のお湯を入れても問題ありません)


      湯たんぽ袋の幅調節用のファスナーを止めて幅を短い方にして、背中と椅子の背もたれの間に入れて腰からお尻にかけて温めます。次に太ももの前面、お腹と移動させて温めます。

      さらに体が冷えているなと思った時にはたいてい二の腕も冷えているので、湯たんぽを机の上に置いて二の腕を温めます。


      しばらく温めて、熱くなってきたり汗ばみそうになる前に次の場所へと移動させ、次々とローテーションしていきます。それをくり返して、それぞれの場所が温まったら体全体がポカポカになります。


      湯たんぽ美人 温めている様子

      また、休憩している時に、湯たんぽを1つ使ってお腹を温めるのも気持ちいいです。


      自然な温かさで体に優しく、またエコアイテムでもある『湯たんぽ美人』をぜひお使いいただければと思います。



      ●ショップページのご案内

      『湯たんぽ美人(2個組)』はこちらから

      姉妹品の『湯たんぽ小町』もございます


      カテゴリー『マルカの湯たんぽ』はこちらから


      つぼ灸NEO NEXT <マイルドタイプ> 120回分

      0

        こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。


        『ほっこり本舗』で販売している商品をご紹介するコーナーです。

        第3回目の今日は、熱すぎず柔らかな温熱が心地よい『つぼ灸NEO NEXT<マイルドタイプ> 120回分』をご紹介します。


        つぼ灸NEO NEXT(つぼきゅうネオ・ネクスト)シリーズは、一般的に「間接灸」というタイプのお灸で、その中でも「円筒灸」と呼ばれるお灸です。


        つぼ灸NEO NEXT イメージ写真

        円筒灸は、その名のとおり円筒型の紙筒の上部にモグサがセットされている構造で、火のついたモグサが直接お肌に触れることはありませんので、水疱ができたりヤケドするのをできるだけ抑えたお灸です。


        つぼ灸NEO NEXTシリーズは、長生灸などの台座灸よりも、さらにモグサとお肌との距離がありますので、柔らかな心地よい温熱が特徴のお灸です。


        紙筒のモグサの反対側には強力なのりがついていますので、お灸が並んだ台座からパッと取ってお肌に貼りつけて火をつけるだけと、とても簡単にお灸をすることができます。


        また、モグサを一粒ずつ固形に固めることで、従来品と比べて約70%も煙をカットしています。



        つぼ灸NEO NEXTシリーズは、「伊吹もぐさ製造本舗 株式会社山正」の製品で、[マイルドタイプ]と[レギュラータイプ]の2種類があります。


        今日ご紹介する[マイルドタイプ]は、柔らかな温熱のつぼ灸NEO NEXTシリーズの中でも、さらにマイルドで優しい温熱なので、これからお灸を始めてみようという方はもちろん、お肌の敏感な方、またお灸は続けたいけれどやっぱり熱いのは苦手といった方でもお使いいただけると思います。


        『つぼ灸NEO NEXT<マイルドタイプ> 120回分』は、60壮のお灸が並んだ台座が2枚入っています。マイルドタイプの紙筒の色はブルーです。


        その他には、表面が「各種お灸のご使用についてのお願い」、裏面が「つぼ灸NEO NEXT ご使用上の注意」となっている説明書が1枚付属しています。


        *ご使用前には「ご使用上の注意」「禁忌事項」「使用法」を必ずお読みください。


        つぼ灸NEO NEXT セット内容


        お灸をするにはまず、火をつける「ライター」と終わったお灸を入れる「灰皿」を用意します。

        また、お灸の特性上、モグサに火をつけると煙が出ますので、窓を少し開けたり、換気扇を回します。


        お灸を台座から取り、お肌(ツボやコリのある場所など)に紙筒の粘着面をしっかりと貼りつけます。

        その後、モグサの先端付近にライターで火をつけます。


        つぼ灸NEO NEXT お灸をするところ

        お灸を貼りつけてから火をつけづらい場所の場合には、一旦お灸を指先に取って火をつけ、それからお肌に貼りつけてもかまいません。ただし、火のついたお灸を持って動かしますので、ヤケドや焦がさないように注意しましょう。


        つぼ灸NEO NEXT お灸を指先に取っているところ

        しばらくすると徐々に温度が高くなり、その後しばらく温度を維持します。

        この時煙が出なくなっても、中ではまだ燃焼していますので高い温度が続きます。


        モグサが燃え尽きて、紙筒が冷えればお灸は終了です。灰を落とさないように灰皿に捨てます。

        (灰皿で十分に消火したことを確認してから処分してください)


        また、同じ場所に同じようにお灸をしていても、体調、日によって熱さの感じ方はかなり異なります。

        お灸が我慢できないような嫌な熱さになった場合には、水疱やヤケドになる場合がありますので、我慢せずすぐに取りはずしましょう。


        お灸が終わった後、お灸をした部分のお肌が黄色くなるのは、モグサのヤニによるものです。

        濡らしたティッシュなどで拭けばある程度取れますが、場所や状況によっては数日残ります。
        ヤニの後が気になる方は、まず目立たない場所にお灸をしてご確認いただいてからお使いください。


        また、お灸をしてはいけない場所へのお灸や、肌に水分が多い時(汗をかいている時、お風呂上がりなど)のお灸は避けましょう。


        つぼ灸NEO NEXT お灸をしているところ
        (手のひらにある「労宮(ろうきゅう)」というツボへお灸をしている様子)

        ぜひ一度、柔らかな温熱が心地よい『つぼ灸NEO NEXT マイルドタイプ』をお試しください。



        ●ショップページのご案内
        つぼ灸NEO NEXT<マイルドタイプ> 120回分』はこちらから

        つぼ灸NEO NEXT<マイルドタイプ> 600回分
        つぼ灸NEO NEXT<レギュラータイプ> 120回分』もございます

        カテゴリー『お灸』はこちらから


        『やわらか湯たんぽ』シリーズと『肩用タイプ』

        0
          こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

          『ほっこり本舗』で販売している商品の紹介コーナーです。
          第2回目の今日は、ウェットスーツ素材で作られ、体にやさしくフィットする『やわらか湯たんぽ』シリーズと、その中の『やわらか湯たんぽ<肩用タイプ>』をご紹介します。


          やわらか湯たんぽタイトル

          『やわらか湯たんぽ』シリーズは、特殊なウェットスーツ素材で作られていますので、すべすべと肌ざわりが抜群で気持ち良く、また保温性にとても優れた、一品一品手作りの湯たんぽです。

          やわらか湯たんぽイメージ写真

          ウェットスーツ素材はその特徴から断熱効果が高いため、中に熱いお湯を入れても、外側は程よく気持ちの良い自然の温かさになり、カバー無しでそのまま使うことができます。
          あわせて優れた保温性で、一度お湯を入れると温かさが長持ちし、じっくりと温まることができます。
          (ただし、お肌の弱い方は素肌に長時間のご使用はお避けください)

          やわらか湯たんぽアップ写真

          また、『やわらか湯たんぽ』をオススメする中で特徴的なのが、「湯たんぽが体に合わせて形を変える」ことです。
          しなやかなやわらかさで、使う方の体に合わせてやさしくフィットしますので、お湯の自然な温かさで効率よく温めることができます。

          やわらか湯たんぽイメージ写真2

          『やわらか湯たんぽ』シリーズは、スタンダードなものから体の各部分を温めるのに特化したものまで様々なタイプがあり、日常のいろいろなシーンでご使用いただけます。
          おうちでのリラックスタイムはもちろん、オフィスでのデスクワークの時など、就寝時ではなく起きている時に積極的に体を温めるアイテムとしてご活用いただければと思います。


          今回はそんな『やわらか湯たんぽ』シリーズの中から、『肩用タイプ』をご紹介します。

          やわらか湯たんぽ肩用タイプ

          大きさは直径約28cm、お湯の容量は0.8リットルで、やわらかなUの字をしています。
          カラーは[レッド][ブルー][ピンク][グリーン]の4色からお選びいただけます。また、お湯を注ぐのに便利なネジ付きロートが付属しています。

          使い方は、70〜80度くらいのお湯をお好みの重さになるように入れてキャップを締め、首を包み込むように肩の上に装着すると、首から肩にかけてやさしくフィットしてじっくりと温めることができます。

          やわらか湯たんぽ肩用タイプイメージ写真

          私はいつも半分より少し多めくらいのお湯を入れて使っていますが、ふんわり軽く温めたい方はお湯を少なめに、重みもあわせてしっかりと温めたい方はお湯を多めに調節することで、お好みの温め方をしていただけます。

          通常は30分〜1時間ほど温めると、肩や首の血行が良くなり、体がポカポカと温かくなります。
          ただし、素肌で長時間あてると低温やけどになる場合がありますので、お肌の弱い方や初めてお使いになる場合には、5〜10分くらいごとに様子を見てご自分にあった時間と温め方をご確認ください。


          『肩用タイプ』は私もお気に入りで、PCの前に座りっぱなしだった日、長時間運転して疲れた日、「今日は首から冷えたかな?」と思った時などに、日ごろから『顔・目用タイプ』とあわせてよく使っています。

          また、『肩用タイプ』より、少し小ぶりの『肩用タイプ 小』もありますので、あまり重いのは苦手という方にはこちらもオススメです。

          このやわらかさ、すべすべの肌ざわり、フィット感はかなりオススメです。
          ぜひリラックスタイムに加えていただきたいエコアイテムです。



          ●ショップページのご案内
          やわらか湯たんぽ<肩用タイプ>』はこちらから
          やわらか湯たんぽ<肩用タイプ 小>
          やわらか湯たんぽ<顔・目用タイプ>』もございます

          カテゴリー『やわから湯たんぽ』はこちらから

          長生灸<ライトタイプ> 200壮入り

          0
            こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。

            『ほっこり本舗』で販売している商品の紹介コーナーです。
            記念すべきこのコーナー第1回目の今日は『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』をご紹介します。

            長生灸(ちょうせいきゅう)は、一般的に「間接灸」というタイプのお灸で、その中でも「台座灸」と呼ばれるお灸です。

            「間接灸」は、火のついたモグサが直接肌に触れることがありませんので、水疱ができたりヤケドするのをできるだけ抑えたお灸になっています。

            「台座灸」はその名のとおり、裏が粘着面になっている台座に、紙でくるんだモグサがセットされているお灸です。

            「間接灸」を使うと、少しの時間でおうちでカンタンにお灸をすることができます。

            長生灸シリーズ


            長生灸は、「伊吹もぐさ製造本舗 株式会社山正」の製品で、[ライトタイプ][レギュラータイプ][ハードタイプ][微煙・無臭タイプ]の4種類があり、今日ご紹介する[ライトタイプ]は、その中でも設定温度が一番低いタイプです。
            そのため、「これからお灸をはじめてみよう」という方はもちろん、お肌が敏感な方にもおすすめのお灸です。

            私も、鍼灸治療をしている母親の指導により、ほぼ毎日お灸をするようになって約2年半、実はこの[ライトタイプ]を使う機会も多いです。(自分流のこだわりで、場所などによって使うお灸を変えてたりして試しています(笑))
            個人的には、まずは[ライトタイプ]で続けてみて、「少しもの足りないかな?」と感じる場所があると[レギュラータイプ][ハードタイプ]などを試してみることをおすすめします。


            『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』は、1枚に50壮(お灸は壮(そう)と数えます)並んでいる台紙が4枚入っています。[ライトタイプ]の台紙の色はグリーンです。

            その他には、お灸の熱さを3段階に調節できる「調熱絆」が1枚と、表面が「各種お灸のご使用についてのお願い」、裏面が「長生灸シリーズ ご使用方法」となっている説明書が1枚付属しています。

            *ご使用前には「ご使用上の注意」「禁忌事項」「使用法」を必ずお読みください。

            長生灸<ライトタイプ>200壮入り セット内容

            お灸をするにはまず、火をつける「ライター」、終わったお灸を入れる「灰皿」を用意して、お灸の特性上、モグサに火をつけると煙が出ますので、窓を少し開けたり、換気扇を回します。

            長生灸は、台紙からお灸を取り外す時には、台紙裏側の黄色い紙の上から軽く押してやります。軽く押してやると、お灸がポコッと台紙から少し浮き上がります。

            台座からの取り方

            その浮き上がったお灸を持って、肌(ツボやコリのある場所など)に台座の粘着面を貼りつけます。

            *台紙の裏側から押し上げず、モグサの部分を引っ張ると、モグサの部分だけが取れてしまうことがあります。(私も最初何度もやりました。。)

            長生灸 台座から取り外し失敗

            その後、貼りつけたお灸のモグサの部分にライターで火をつけます。

            お灸を貼りつけてから火をつけづらい場所の場合には、一旦お灸を指先に取って火をつけて、それから肌に貼りつけてもかまいません。ただし、火のついたお灸を持って動かしますので、ヤケドや焦がさないように注意しましょう。

            長生灸 お灸を指先に取る

            その後しばらくすると、徐々に温度が上がってきます。
            しばらく温度を維持して、モグサが燃え尽きると徐々に温度が下がり、台座が冷えればお灸は終わりですので灰皿などに捨てます。

            ただし、場所や体調、日によって熱さの感じ方はかなり異なります。
            我慢できないような嫌な熱さを感じた時には、我慢せずすぐに取り外しましょう。水疱やヤケドになる場合があります。

            また、お灸をしてはいけない場所へのお灸や、肌に水分が多い時(汗をかいている時、お風呂上がりなど)のお灸は避けましょう。

            長生灸 労宮(ろうきゅう)へお灸
            (手のひらにある「労宮(ろうきゅう)」というツボへお灸をしている様子)

            以前は、私自身「お灸は熱いけど我慢するもの!」というイメージを持っていましたが、今では「心地よい熱さ」でも充分で、またリラックスもできると思っています。
            一度に熱いものをたくさんするよりも、1日数ヶ所を定期的に続けることがコツだと思います。

            この機会に[おうちでお灸]をするリラックスタイムを作ってみませんか?
            おすすめいたします。

            ●ショップページのご案内
            長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』はこちらから
            長生灸<ライトタイプ> 1,000壮入り』もございます

            カテゴリー『お灸』はこちらから
             このエントリーをはてなブックマークに追加


            calendar

            S M T W T F S
                123
            45678910
            11121314151617
            18192021222324
            252627282930 
            << November 2018 >>

            ショップを見る

            ショップを見るボタン

            selected entries

            categories

            archives

            recent comment

            recent trackback

            links

            profile

            書いた記事数:285 最後に更新した日:2018/09/21

            search this site.

            others

            mobile

            qrcode

            powered

            みんなのブログポータル JUGEM