お肌に貼りつけ火をつけるだけ。おうちで手軽にできるお灸です。|長生灸<ライトタイプ>200壮入り

0
    こんにちは、『ほっこり本舗』店長の直本です。


    昼間はまだまだ熱さが残りますが、夜はだんだんと涼しくなりずいぶんと寝やすくなってきました。


    昨日の夜はどこかで虫の音が聞こえ、そろそろ秋が近づいてきているのかなぁと思いました。


    さて、本日の商品紹介コーナーは『ほっこり本舗』定番商品のひとつ『長生灸<ライトタイプ>200壮入り』をご紹介します。



    長生灸 ライトタイプ イメージ写真3


    ■手軽にできる本格的な温熱のお灸『長生灸』シリーズ

    『長生灸(ちょうせいきゅう)』シリーズは、熱すぎないながらもしっかりとした温熱が特徴で、お灸本来の心地よい刺激が味わえる鍼灸治療院でも使用されているお灸です。


    使い方も『取って、貼りつけ、火をつける』ととっても簡単。

    おうちで手軽に本格的なお灸を楽しんでいただけます。


    『長生灸』シリーズは、紙でくるんだもぐさをのりの付いた小さな台座にセットした、台座灸(だいざきゅう)と呼ばれるタイプのお灸です。


    台座があることで、もぐさとお肌の間に空間ができるので温熱は熱すぎることがなく、またお肌に火のついたもぐさが触れることがないので『痕(あと)』も残らず、水疱ややけどをしづらいように工夫されています。


    20120404-01.jpg


    「ライトタイプ」「レギュラータイプ」「ハードタイプ」と設定温度が異なる3つのタイプと、熱源が線香炭の「微煙・無臭タイプ」をご用意していますので、お好みの温熱をお選びいただくことができます。


    長生灸シリーズ


    ■長生灸<ライトタイプ>200壮入り

    今回ご紹介する『長生灸<ライトタイプ>』はシリーズの中でも設定温度が一番低いタイプになりますが、一番低いといっても温熱は頼りないということはなく、熱すぎないながらもしっかりとした温熱を楽しんでいただけます。

    いろいろな場所に幅広くお使いいただけるのはもちろん、お肌が敏感な方や熱いのは苦手という方におすすめです。


    特にこれからお灸を始めてみようという初めての方には、まずは『ライトタイプ』をお試しいただければと思います。


    『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』には、1枚の台紙に50壮(そう)並んだものが4枚、お灸の温熱を3段階に調節できる「調熱絆」が1枚と、説明書が1枚付属しています。


    また、「ライトタイプ」の台紙の色はグリーンです。


    *ご使用前には「ご使用上の注意」「禁忌事項」「使用法」を必ずお読みください。


    長生灸<ライトタイプ>200壮入り セット内容


    ■お灸のやり方

    お灸の方法はとっても簡単!


    台紙の裏側からお灸を軽く押し上げ台座が少し浮いたら持ち上げて、のりの付いた面をお肌(ツボやコリのあるところ)に貼りつけます。


    長生灸シリーズは接着面が広く強力なのりがついていますので、お灸が落下する心配がなく安心です。


    台座からの取り方

    お灸の火の付け方 貼りつけてから火をつける


    その後、ライターやお線香などでもぐさの上部に火をつけます。


    もぐさが少しずつ下に燃えていくにしたがって少しずつ温熱が上がります。


    最後にキューッと少し温度を維持したかと思うと、すぐにもぐさが燃え尽きてスッと温熱が引いていきます。

    (お灸の途中で熱すぎると感じた場合には我慢せずに取り外しましょう)


    台座が冷めれば取り外してお灸は終了です。

    灰皿などで完全に消火したのを確認してから処分してましょう。


    お灸が終わった後も、しばらくぽかぽかとした心地よい温かさが残ります。

    しっかりとした温熱と、終わった後のぽかぽかの温かさが『長生灸』シリーズの特徴です。


    お灸をしているところ(労宮)


    ■『おうちでお灸』はじめませんか?

    使い方がとっても簡単で、また1つのお灸は約3分ほどですので、ちょっとした時間があれば手軽にお灸をすることができます。


    今回ご紹介した『ライトタイプ』の他にもスタンダードな温熱の『レギュラータイプ』、さらにしっかりと刺激的な温熱の『ハードタイプ』もご用意しておりますのでお好みの温熱をお選びいただけます。


    しっかりとした本格的な温熱と手軽で扱いやすさを兼ね備えた『長生灸』シリーズは『ほっこり本舗』おすすめのお灸です。


    おうちでのリラックスタイムやオフィスでの休憩時間など、日々の生活の中にお灸を取り入れてみませんか?



    ■ お灸の方法・やり方に関するエントリー

    以前のエントリー『お灸の時に使っているもの』『お灸の方法・やり方』では、私が普段お灸をしているときに使っているものや、またお灸の方法と注意している点などをご紹介しております。ご覧いただければ幸いです。


    [お灸の時に使っているもの]

    [お灸の方法・やり方]

    [お灸に線香で火をつける|お灸の方法・やり方(番外編)]



    ■■■ ショップページのご案内 ■■■

    こちらより商品をご購入いただけます

    お灸・湯たんぽなど温めグッズ販売 『ほっこり本舗』


    今回ご紹介した『長生灸<ライトタイプ> 200壮入り』はこちらから

    『長生灸<レギュラータイプ>200壮入り』

    『長生灸<ハードタイプ>200壮入り』


    お得な『長生灸<ライトタイプ> 1,000壮入り』もございます

    カテゴリー『お灸』はこちらから

     このエントリーをはてなブックマークに追加

    コメント
    コメントする








       
    この記事のトラックバックURL
    トラックバック

    calendar

    S M T W T F S
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    << May 2018 >>

    ショップを見る

    ショップを見るボタン

    selected entries

    categories

    archives

    recent comment

    recent trackback

    links

    profile

    書いた記事数:279 最後に更新した日:2018/02/16

    search this site.

    others

    mobile

    qrcode

    powered

    みんなのブログポータル JUGEM